土地選びは慎重に行ったほうがいいです

家を購入する際に、気になるのは間取りの他にも土地に注目しなければいけません。
私は広島市に耐震住宅の住まいを建てたのですが、日本は災害が多い国ですので、例えば地震が起きた時に、地盤沈下などが置きにくい土地かどうかを調べる必要があります。その際に土地の名前に使われている漢字に注目すると、危険な地域がどうかを判断する材料になります。深、灘、川などが入っている地名は、水害被害に遭う可能性があるので、避けておいたほうがいいかもしれません。
また、川が近くに流れている場合は、川より高い位置に家はあるのか、家の周囲に崩れてきそうな斜面はないかをチェックする必要があります。斜面がコンクリートで舗装されている場合も、コンクリートにヒビは入っていないかを確認する必要があります。
近くに川がない場合でも、周囲より土地が低ければ、大雨の時に低い位置に一気に水が流れ込みます。特に今はゲリラ豪雨も多いですので、排水が間に合わず、強い雨が長く続いただけでも浸水してしまう可能性があります。
土地は、自分の家と命を守るためにも大切なことです。現在は自治体のハザードマップを見て、危険な地域を知ることができるので、活用することをお勧めします。