木をふんだんに使って安らぐ

私の広島市に建てたマイホームは、木をたくさん使って作っています。は、木をたくさん使って作っています。外観は洋風な感じですが、中に入ると和風なところを感じることができます。その和風として感じれるのは、なんといってもその木が多く用いられていることが関係しているのです。
まずフローリングが木なので、その点で木のぬくもりを感じます。そして和室については、ふんだんに柱などを木で作ることにより、日本住宅の良いところを思うことができます。そのことから、外観と違うねとよく言われることがありました。それは、とても嬉しいことなのです。
私の母親が来た時も、木の家なのでとても気分がいいようです。昔の人は、木が大好きですね。そのことから、私の家でくつろぐことも多くなっています。そしてとてもいいと思うのは、その木の香りがするということです。作ったばかりのときには、その香りに癒されました。長年住んでいると、その香りが抜けていますが、それでもほんのり香ることがあり、とても気にいっています。